夢中文庫半額(11書店・5/21まで)のお知らせ

こんにちは、冬島六花です。
このたび、拙作を夢中文庫のキャンペーンに採用していただきました。
11書店様にて、対象の2作品を半額でお求めいただけます。

 

■対象タイトル
・身代わり花嫁の甘美な受難〜寡黙な王の一途な寵愛〜
・おじさま辺境伯の甘やかな困惑〜若奥様は濃密ロマンスがお好き!〜

 

■キャンペーン概要
希望小売価格を半額に変更

 

■テーマ
翻弄される花嫁特集
【シーモア限定】訳アリ婚特集

 

■実施期間
2020/5/1(金)〜2020/5/21(木)
・コミックシーモア
・dブック
・ひかりTVブック
・DMM.com
・漫画全巻ドットコム
・BookLive!
・Reader Store
・楽天Kobo
・Kindle(wholesale)
※上記以外の書店で開催の可能性もございます。

 

■実施期間
2020/4/30(木)〜2020/5/20(水)
・パピレス
・Renta!

※まれに一部書店にて除外されている場合がございます。

 

拙作を読んでくださる読者様、そして制作や販売に携わってくださる方々に触れ、一人で活動していたときには想像もできなかった大きな喜び、そして少しの苦悩を知ることができました。多くの方の支持を得られる作風ではないのかもしれませんが、これからも「誰かの性癖に刺さる」小説を書き続けたいです。

 

宜しくお願い致します。

悪役令嬢、始めました

こんにちは、冬島六花です。

ムーンライトノベルズに、悪役令嬢物の短編を掲載致しました。

 

【R18】地下牢で恋に落ちる悪役令嬢〜おとなしそうな新・婚約者様は究極のヤンデレでした〜

novel18.syosetu.com/n6960gd/

 

当初は前後編・全2回の予定でしたが、感想欄へリクエストをいただき、番外編も追加することに致しました。

 

以前から気になっていた悪役令嬢!

まだまだ至らぬ点も多いと思いますが、今後も自分なりに勉強し、人気ジャンルに取り組んでいきたいです。

 

宜しくお願い致します。

夢中文庫半額(14書店・3月上旬まで)のお知らせ

こんにちは、冬島六花です。
このたび、拙作を夢中文庫のキャンペーンに入れていただきました。
14書店様にて、対象の2作品を半額でお求めいただけます。

 

■対象タイトル
・身代わり花嫁の甘美な受難〜寡黙な王の一途な寵愛〜
・おじさま辺境伯の甘やかな困惑〜若奥様は濃密ロマンスがお好き!〜

 

■テーマ
・ワケあり政略婚特集

・【シーモア限定】カレの最愛包囲網特集

 

■キャンペーン概要
希望小売価格を半額に変更

 

■実施期間
2020/02/20(木)〜2020/03/04(水)

・Renta! https://bit.ly/2VbH85k
・パピレス https://bit.ly/38X9Qex

 

■実施期間
2020/02/21(金)〜2020/03/05(木)

・コミックシーモア https://bit.ly/32b0iKf
・Kindle(wholesale)
・ひかりTVブック
・DMM.com
・紀伊國屋kinoppy
・COCORO BOOKS
・漫画全巻ドットコム
・BookLive!
・Reader Store
・LINEマンガ
・楽天Kobo

 

■実施期間
2020/02/29(土)〜2020/03/12(木)
・dブック

 

※実施期間は書店様によって異なりますので、ご注意ください。

 

自作がこうしてキャンペーンに取り上げられることは、書き手としてこれ以上ない喜びです。これからも研鑽を積み「最新作が最高傑作!」と言われ続ける字書きでありたいと思っています。

今後とも、どうぞ宜しくお願い致します。

全国紙公募入選作 掲載日のお知らせ

こんにちは、冬島六花です。

本日は、サンケイスポーツ様主催『第21回性ノンフィクション大賞』にて《佳作》に入選しました作品の掲載日を、お知らせ致します。

 

掲載媒体:サンケイスポーツ本紙(即売版)おはよう面『性の体験告白』コーナー

掲載日:2020年7月6日〜12日(1週間にわたり連載)

タイトル:十五年後の第二ボタン(変更の可能性あり)

 

一般文芸ジャンルでの投稿歴が長いので、一般向け・全国紙での連載は本当に嬉しいです!

 

とはいえ、乙女系ジャンルでも引き続き、いろいろと書いていきたいです。

ウェブ小説は、権威ではなく結果に価値を見出す、厳しくも自由な世界。

読者様が求めているものは何か、自分が書きたいものは何か、その二つが重なる点はどこか――常に自分自身に問い続けながら、今後も歩み続けたいと考えています。


自分から行動を起こすことで、新しいご縁も、素晴らしい運も手にすることができると信じています。

 

どうぞ宜しくお願い致します。

あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます! ついに2020年が始まりましたね。

 

昨年は二つの公募(ムーンライトノベルズ・サンケイスポーツ)で賞をいただくことができ、大変幸せでした。

今年もいろいろと書いていきます。いつも結果が残せるとは限りません。というか、結果の出ないことの方が多いでしょう。でも、自分なりにコツコツと努力していきたいです。

 

なお、サンケイスポーツ様での入選作は、2020年7月6日から一週間に渡り、本紙「性の体験告白」欄にて掲載されます。

 

昨年読んだ『ニムロッド』という小説(※注:芥川賞受賞作です)には、飛べない飛行機がたくさん出て来ます。もちろんどれも、空を飛ぶために造られた機体なのですが、どこかに問題があって飛ぶことができないのです。それでも、空への希望を捨てず挑戦を続けることだけが、人間を空へと導いてくれる――私はその作品から、そういった教訓を得ました。

小説も、それと同じだと感じています。すぐには上手くいかないかもしれない、けれどもめげずに興味のあるジャンルに挑戦し続けることで、いつか自分が本当に求めていた場所へ、辿り着けると信じています。

 

今年の目標は「一作ごとに、よりエロティックに」です。

理解していただけないこともあるのですが、私は成人向け作品に対し、これからも真剣に誠実に取り組みたいと考えています。

そのためにたくさんの作品に触れて、求められているものを探り、一作ごとに、よりマーケットインな作品に仕上げていきたいです。

出会うすべての方に気に入っていただけることはないかもしれません。けれど、私の方向性に共感し、作品を気に入ってくださる方が、一人でも増えていってくれたらいいな、と願っています。

 

というわけで、本年もどうぞ宜しくお願い致します。