あけましておめでとうございます

あけましておめでとうございます! ついに2020年が始まりましたね。

 

昨年は二つの公募(ムーンライトノベルズ・サンケイスポーツ)で賞をいただくことができ、大変幸せでした。

今年もいろいろと書いていきます。いつも結果が残せるとは限りません。というか、結果の出ないことの方が多いでしょう。でも、自分なりにコツコツと努力していきたいです。

 

なお、サンケイスポーツ様での入選作は、2020年7月6日から一週間に渡り、本紙「性の体験告白」欄にて掲載されます。

 

昨年読んだ『ニムロッド』という小説(※注:芥川賞受賞作です)には、飛べない飛行機がたくさん出て来ます。もちろんどれも、空を飛ぶために造られた機体なのですが、どこかに問題があって飛ぶことができないのです。それでも、空への希望を捨てず挑戦を続けることだけが、人間を空へと導いてくれる――私はその作品から、そういった教訓を得ました。

小説も、それと同じだと感じています。すぐには上手くいかないかもしれない、けれどもめげずに興味のあるジャンルに挑戦し続けることで、いつか自分が本当に求めていた場所へ、辿り着けると信じています。

 

今年の目標は「一作ごとに、よりエロティックに」です。

理解していただけないこともあるのですが、私は成人向け作品に対し、これからも真剣に誠実に取り組みたいと考えています。

そのためにたくさんの作品に触れて、求められているものを探り、一作ごとに、よりマーケットインな作品に仕上げていきたいです。

出会うすべての方に気に入っていただけることはないかもしれません。けれど、私の方向性に共感し、作品を気に入ってくださる方が、一人でも増えていってくれたらいいな、と願っています。

 

というわけで、本年もどうぞ宜しくお願い致します。

コメント